HANA-BI

不治の病に冒され余命いくばくもない妻(岸本加世子)を見舞っていた刑事の西(ビートたけし)は、自分の代わりに凶悪犯(薬師寺保栄)の自宅近辺に張り込んでいた同僚の堀部(大杉漣)が、犯人に撃たれたとの知らせを聞く。堀部は命こそ取り留めたものの車椅子を使わなければならない体になってしまった。西らはその後犯人を追い詰め、捕らえようとするも抵抗する犯人が発砲、部下の田中(芦川誠)が犠牲になる。西は怒りと自棄から犯人を射殺し、その死体に何発も銃弾を撃ち込むのだった。

刑事を退職した西はヤクザから金を借り、妻に不自由ない生活を送らせようとするが、返済が滞っていく。やがて銀行強盗を強行して得た金で借金を解消した西は、妻を連れて最後の旅に出る…。一方、妻子と別れた堀部は絵を描き始める。

解説

ベネチア国際映画祭でグランプリに輝いた北野武監督第7作。追われる身の刑事とその妻の逃亡劇を、これまでの乾いた視点から一転、叙情的な描写で挑む。バイオレンス・シーンの後の静寂など、“静と動”の見事な対比を通し、監督の死生観を浮き彫りにした手腕はさすが。また月夜に照らされた雪の青白さや、駅構内の緑がかった色彩など、凝った映像美も見どころ。ビートたけし、岸本加世子、大杉漣、寺島進共演。人生を走り続けてきた刑事・大西。彼が不治の病の妻を見舞う中、同僚の友人が犯人逮捕の際に大西の身代わりとなって撃たれてしまう。妻や子に逃げられ、半身不随で仕事も解雇された友人に言葉もない大西。さまざまな人への“想い”に駆られた彼は、銀行強盗を決意するが・・・。

スタッフ・キャスト

製作年度:(1997年)
製作国:日本
監督:北野武
出演:ビートたけし、岸本加世子、大杉漣、寺島進

予告編 / 予告動画

U-NEXT Netflix GYAO!ストア ClipWatching Dood Rakuten TV TSUTAYA TV dTV Hulu FOD ビデオマーケット