日本の黒い夏 冤罪

高校の放送部に所属するエミとヒロは “松本サリン事件”を検証するドキュメンタリーを制作していた。地元のローカルTV局の笹野と記者の花沢らがインタビューに答え、事件当時の取材の様子を回想する。事件の翌日、警察は被害者であり、第一通報者でもある神戸俊夫の自宅を容疑者不詳のまま殺人容疑で家宅捜査し、数種類の薬品を押収。神戸が有毒ガスを発生させたという見解を示した。一方、スクープが欲しいマスコミ各社は神戸が犯人であるかのように受け取れる報道を開始。更に、それを鵜呑みにした視聴者は神戸一家を迫害し始める。

解説

日本を代表する社会派映画監督・熊井啓が“松本サリン事件”を題材に日本のマスコミ報道のあり方に鋭く迫った問題作。1994年6月27日夜、長野県松本市で何者かによって毒ガスがまかれ、多数の死傷者を出す大惨事が発生した。やがて、事件の第一通報者で被害者でもある一市民が殺人容疑で家宅捜査をうけ、マスコミによって瞬く間に犯人に仕立て上げられてしまう…。1年後、地元の高校の放送部では事件の冤罪報道を検証するドキュメンタリー・ビデオを製作することになった。

スタッフ・キャスト

英題:DARKNESS IN THE LIGHT
製作年度:
製作国:日本
監督:熊井啓
出演:中井貴一、細川直美、遠野なぎこ(遠野凪子)、北村有起哉、加藤隆之、藤村俊二、梅野泰靖、平田満、岩崎加根子、二木てるみ…

予告編 / 予告動画

Amazon Prime Video GYAO!ストア Rakuten TV ビデオマーケット dTV TSUTAYA TV U-NEXT Netflix Hulu FOD Dood