バイオハザード:ウェルカム・トゥ・ラクーンシティ

アメリカ中西部にあるラクーンシティ郊外には、かつて製薬会社アンブレラ社の工場が存在したが、今はもうそのほとんどが移転していた。この町の施設で育ったクレア(カヤ・スコデラーリオ)は、アンブレラ社が秘密裏に行っていた研究開発についてのメッセージを受け取る。彼女は真相を突き止めるべく、ラクーン市警の特殊部隊に所属する兄(ロビー・アメル)のクリスを訪ねる。

『バイオハザード』シリーズの原点となるサバイバルホラー。巨大企業アンブレラ社の拠点がある町を舞台に、主人公がアンブレラ社の秘密を暴き出す。『海底47m』シリーズなどのヨハネス・ロバーツが監督と脚本を手掛け、『バイオハザード』シリーズ第1作の監督で、それ以降の作品にも携わってきたポール・W・S・アンダーソンがエグゼクティブプロデューサーを務める。『クロール -凶暴領域-』などのカヤ・スコデラーリオのほか、『アントマン&ワスプ』などのハナ・ジョン=カーメン、『メン・イン・キャット』などのロビー・アメルらが出演する。

原題RESIDENT EVIL: WELCOME TO RACCOON CITY
上映時間107分
製作国アメリカ
製作年度2021年
公開日2022年01月28日
監督ヨハネス・ロバーツ
出演者カヤ・スコデラーリオ、ハナ・ジョン=カーメン、ロビー・アメル、トム・ホッパー、アヴァン・ジョーギア、ドナル・ローグ、ニール・マクドノー

関連記事