ベネデッタ

ベネデッタは、ポール・バーホーベンが監督および共同執筆した2021年の伝記心理ドラマ映画で、ヴィルジニー・エフィラが17世紀の初心者の修道女で、イタリアの修道院に参加し、別の修道女とレズビアンの恋愛関係にあるベネデッタ・カルリーニとして主演しています。

あらすじ

ジュディス・C・ブラウンによる小説『ルネサンス修道女物語 聖と性のミクロストリア』を基にした本作の舞台となるのは、疫病が蔓延していた15世紀後半、イタリア・トスカーナのペシア。主人公の女性ベネデッタ・カルリーニ(ヴィルジニー・エフィラ)は、ある修道院に入所することになった。幼い頃から奇跡を起こせる能力を持つ修道士として知られる彼女は、このたび入所した修道院でも即座に大きな影響をもたらしていくことになる。

基本情報

タイトルベネデッタ
原題BENEDETTA
上映時間131分
製作国フランス, オランダ
製作年度2021年
公開日
監督ポール・ヴァーホーヴェン
出演者シャーロット・ランプリング、ランベール・ウィルソン、ヴィルジニー・エフィラ、Daphne Patakia、オリヴィエ・ラブルダン

予告編 / 予告動画